外壁塗装の相場 家塗装 外壁塗り替え

外壁塗装相場を扱う業者さんを発見したいなら価格だけではなく、アフターサービスにまで注意している業者さんだということが肝要だと考えます。外壁塗装相場と費用を分からないまま工事依頼をすると高額請求されても文句言えません!家塗装や外壁塗り替えの外壁工事依頼なら外壁工事業者の一括査定で適正相場をまず把握する方法がおすすめです。あとはネットで選んだ業者が信頼できるかどうか口コミ評価でそれなりの判断は簡単にできるでしょう!

外壁塗装 費用 相場

 外壁塗装 費用 相場がわかると住宅の外壁塗装工事の業者の質や内容がよくわかります。

外壁塗装の相場については屋根 外壁 塗装 相場に関しても同じで、外壁 塗り替えには家 塗装 つまり住宅 塗装を得意とする優良業者から複数の見積もりを依頼することが最善です。つまり一括査定依頼をすれば家 外壁 塗装や屋根 外壁 塗装を得意とする工事価格が適正な優良業者を選定できる可能性が極めて大きいと言えるのです

  

外壁塗装の塗り替え今がチャンス!

外壁塗装シュミレーション今すぐ見積もり10秒

業界の優良加盟店から複数の一括見積しませんか? 利用者数は470万人突破優良業者紹介サイトがあります。

塗装工事をしたいけど・・・外壁塗装の見積もりを見てから決めたい!

そんな方に手軽に利用できるのがヌリカエの一括見積もり

ヌリカエ公式サイトへはコチラから←

外壁塗装 相場

外壁塗装の相場について

  初めて外壁塗装をする場合など

外壁塗装工事の費用の相場を確認するのがおすすめです。

外壁塗装は建物の耐久性や安全性を高めるメリットがある工事で、

家を安全に長持ちさせることができる利点があります。

しかし、ある程度まとまった費用が必要となるので、

外壁塗装をする時には外壁塗装工事の相場を知ることは必要といえます。

そして、その相場価格を知っておくと後で何かと工事を進めやすくなります。

外壁塗装工事の費用は建物の塗装面積や使う塗料、建物の劣化具状態など

具体的な点などにより同じ30坪の家でも工事費用は異なってきます。

具体的な価格については実際に見積もりをとり

検討しましょう。

外壁塗装の一括見積もりはコチラから←

外壁塗装費用の相場って?

外壁塗装は外壁などを塗装することで、

建物の耐久性の向上や安全性の向上を図れるメリットがある工事です。

外壁は雨や風、紫外線などにより少しずつ劣化現象が起こっています。

そのまま放置しておくと、

壁の一部がはがれたり、欠けたり割れたりします。

そうなると、外観的にも安全面もよくないので、

定期的に塗装工事をしてもらって、

外壁の劣化を修復する必要があります。

外壁塗装をする場合は、

できるだけリーズナブルにしたいですね♪

外壁塗装費用は建物の劣化具合等の建物の状況や

塗装面積などに応じて変わり、

外壁塗装を始める前には

大体の平均的な工事費用はいくら位なのか気になります。

工事エリアにもよりますが、

外壁塗装費用にも相場があり、

ある程度の目安をもつ意味でも

、 外壁塗装費用の相場は知っておくようにしましょう。

外壁塗装 費用がイメージできると、

外壁塗装工事を何かと進めやすくなるので、

今後のメンテナンスも含め、

相場を知っておきましょう。

・外壁塗装の相場、30坪ならどれくらい?

外壁塗装は事前に外壁塗装業者に見積もり依頼することで

工事代金を知ることができます。

しかし、いきなり見積もり依頼をしたり

一括見積サービスで複数業者から見積もりを取るより、

ある程度の相場を知ってから

見積もりを取った方が良く、

失敗しない外壁塗装工事にも繋がります。

外壁塗装の一括見積もりはコチラから←

外壁塗装工事の費用

外壁塗装工事の費用は

塗装面積や使用する塗料のグレードにより変わります。

30坪の戸建て一軒家の外壁塗装なら、

外壁塗装相場価格は?

30坪の一戸建てだと

外壁塗装工事の面積が120平方メートルで、

サイディングボードの外壁にシリコン塗料を用いると

100万円以下の金額が目安となります。

外壁塗装工事の見積もり価格は地域差もあり、

各地域の優良業者に相見積もりすれば

相場がわかりやすく、

67~70万円程度が相場です。

30坪の家で屋根から外壁全ての工事を

安価な塗料を用いた場合は約70万円、

高級な塗料で行った場合は約130万円になります。

外壁だけを行うのか?

屋根から外壁全ての工事を行うのかなども

工事代金に影響するため、

具体的にどの部分をどの塗料で行うのか?

明確にして検討する必要があります。

・外壁塗装の相場、40坪ならどれくらい?

40坪の戸建ての一軒家の場合で外壁塗装をしようと思ったら

外壁塗装工事の相場価格はどれくらいになるのでしょうか?

40坪の戸建て一軒家の

外壁と屋根の塗装を行う場合の

平均塗装面積は、

外壁面積202平方メートルで、

屋根面積116平方メートルです。

この面積に塗る塗料によって費用は変わってきます。

値引きなど考慮されない場合に

ウレタン塗料なら約95万円、

シリコン塗料なら104万円、

フッ素塗料なら160万円が相場といえます。

屋根の塗装は行わないなら

これよりも安くなります。

外壁塗装工事では足場を設けてから

工事を行います。

外壁を塗装するには

足場を設置する必要があり、

足場設置と撤去には1日ずつかかります。

足場は外壁塗装工事の費用の2割くらいの価格を占めます。

足場は足場職人が別途設置することもあり、

外壁塗装を請け負う塗装業者は外注して足場を組んでもらうのです。

どれくらい安くなるかは

業者ごとに異なり、

個別に確認をする必要があります。

・外壁塗装の相場はあくまでも目安!

外壁塗装の相場は30坪の建物よりも

40坪の建物の方が高額ですが、

相場はあくまでも相場であり、

実際に外壁塗装工事を行う場合には

外壁の劣化状態などによっても

別途別の工事が必要になる場合もあり、

30坪であっても40坪の外壁塗装よりも

高くなるケースもあります。

耐用年数をはるかに超えており、

外壁が相当傷んでいる場合には、

外壁塗装を行う前に補修工事を行う必要があるためです。

正確な見積もりは、

実際に業者に依頼し、

家を見た上で見積もりを出すことになります。

それでも、ある程度の相場を知っておくことで、

後の工事を何かと進めやすくなるなどメリットは大きいと言えます。

外壁塗装の一括見積もりはコチラから←

外壁塗装|外壁塗装相場・費用の見積もり比較と外壁塗装 耐用年数

外壁塗装|外壁塗装相場・費用の見積もり比較と外壁塗装 耐用年数など外壁塗装 時期

家を購入し10年が過ぎた頃、考え出す人が多い外壁塗装。とは言っても、まだまだ、住宅ローンを抱えた中での大きな出費。

少し考えてしまう人も多いのではないでしょうか。 しかし、大切な家を守る為には、どうしても、行わなければいけない事と言え、避けて通る事はできません。

そんな、外壁塗装について、これを読んで少しでも理解して頂けたらと思います。

外壁塗装が必要な時期とは?

一般的に10年を目途に必要になると言われる外壁塗装ですが、

これはあくまでも目安です。

その為、一番大切なのは、

自分の家の状態を自分の目で確かめ判断する事です。

そんな判断基準としては、

まず、チョーキング現象というものがあります。

チョーキング現象の場合、

一般の人でも外壁に手で触れるだけでわかるもので、

手で外壁に触れた際、

手が真っ白になる現象を指します。

原因としては、

紫外線の影響で塗装面の中にある樹脂が分解したことや

立地条件や使用条件に合わない塗料で塗った場合に起こる施工不良、

塗料をしっかりと混ぜないで塗装した場合に起こる施工不良などが考えられます。

しかし、そのようなチョーキング現象が確認できたからと言って、

焦る必要はありません。

チョーキング現象だけの場合、

さほど、緊急性があると言うほどではなく、

そろそろ外壁塗装を考える時期だと思い準備を始める程度で十分かと思います。

それよりも外壁にクラックが入っていないか?

また、コーキングが割れていないかなどが重要で、

そのような現象を確認する事ができた場合は、

早めに相談する事をお勧めします。

外壁塗装をする為に覚えておくこと

外壁塗装の値段はピンキリ

外壁塗装が必要だと思うタイミングは人それぞれ。

例えば、外壁に苔がついてしまい外観が汚く見えるのが嫌だと思う人。

外壁のシーリングがダメになってしまい外壁塗装を行う方。

家を建てて10年たったからなど理由はたくさんありますね。

理由はどうあれ外壁の塗装をする際に覚えておきたいのは、塗料の値段はピンキリで素人には中々判断がつかない事。

そして、塗料の値段だけではなく施工業者によっても価格が大きく変わる事をまず覚えておきましょう。

まず外壁塗装を行うにあたりどんな事にお金がかかるのかです。

外壁を塗る塗料はもちろん塗る人のお給料。

それ以外に足場代、シーリング施工代、高圧洗浄代、養生費などたくさんの項目があります。

しかし、項目ごとに細かく見積もりを作ってくれない業者さんが多く一式などで金額が書かれている場合があります。

この一式に何が入っているのかは詳しく業者と話をしないと全くわかりません。

それでは、何にお金が掛かっているのか素人が見極めるのは不可能と言っていいでしょう。

そうならない為にも、一式ではなく細かい項目を出してくれる業者さんにお願いして納得できる内容の施工をして、その施工に見合うお金を支払うようにすることを覚えておくと良いでしょう。

塗料の耐用年数を覚える

塗料の値段はピンキリです。

ではなぜそんなに価格が違うかと言うと耐用年数が関係してきます。

耐用年数とはその塗料を塗った時に塗料の効果が持続する期間です。

一般的にアクリル塗料で5年、ウレタン塗料で10年、シリコン塗料15年、無機塗料は20年と言われています。

家の環境によって劣化スピードが変わるので一概には言えないところもありますが目安として覚えておくと良いでしょう。

この4種類の中でも細かくグレードが分かれていて、シリコンでも無機塗料に近いくらいの耐久性を持つ塗料もあるのでその辺は業者にしっかり説明させて、適正な塗料を選ぶ事で納得できる工事ができるのです。

業者によっては塗料の説明がなく、なんの塗料を塗るかもわからないまま工事が始まり、気づいた時には手遅れになってしまう事が多々ありトラブルの原因となってしまいます。

外壁塗装はトラブルが発生しやすい工事なので業者に任せっきりせず施主自身がしっかり勉強してある程度の知識をつけなくてはいけません。

特に塗料は何を使うのか覚えておけば、次の工事は何年先になるなどの予想が建てられます。

工事金額も安い物ではないですから、あと何年今の家に住むのか考えながら塗料を選ぶと良いでしょう。

外壁塗装の一括見積もりはコチラから←

外壁塗装業者の選び方

・では、実際、どのように外壁塗装業者を選べば良いのか?

外壁塗装の場合、悪徳業者と呼ばれる業者も多い為、

外壁塗装業者選びは難しい現実があります。

実際、悪徳業者に依頼する事が無いようににするには、どうすれば良いでしょうか?

まずは、少しでも多くの外壁塗装業者から見積もりを取る事が大切です。

実際、ネットで調べると外壁塗装の相場を確認する事は可能です。

しかし、外壁塗装の場合、家の大きさ、外壁面積にによって費用が大きく異なるほか、

塗料の種類によっても大きく異なると言えます。

その為、ネットで調べた相場が実際、自分の家にどの程度、当てはまるかと言う事はわかりません。

そのような事から、相場を確認するためにも見積もりを取ると言う事は大切です。

その際、見積もりを確認する内容は、一式での価格ではなく、

細かな見積もり内容を確認する事が大切です。

例えば、塗装する広さの確認です。

基本的に住んでいる家の延べ床面積は知っていても、

実際の外壁面積まで知っている人は少ないですね。

そこに目を付け、悪徳業者の場合、

その外壁面積を広く記載してくるところがあります。

とは言っても、実際に自分で外壁面積を確認する事など難しいとは思います。

そこで数社から受け取った見積書を確認するのです。

外壁面積は、どの業者でも同じはずです。

それにもかかわらず、あからさまに面積を広く見積もっている場合は、

怪しい業者と思って良いかと思います。

その他、各塗料においても、相場があります。

塗料の相場は簡単にネットなどで確認する事ができ、

そこで確認した相場よりも高い見積書の場合は、注意が必要です。

この2点を確認する事で、

単純な施工金額を確認し、

比較する事が可能になります。

この他にも、パック料金という内容で外壁塗装を行っている業者もあります。

この場合、詳しい見積もりはなく、

外壁塗装フッ素パックで○○円!

などと言ったものになります。

基本的にお得な金額となっている事が多くなっていますが、

それでも、失敗しない為には、内容をよく確認した上で利用する事をお勧めします。

外壁塗装を勧める訪問販売が来た場合

実際、外壁塗装を考えるにあたり

訪問販売の人に家の傷んでいる点を忠告される事で怖くなって契約してしまう事も多いです。

しかし、そのような訪問販売の口車に乗せられてはいけません。

その理由は、外壁塗装の苦情で最も多くなっているのが、

訪問販売による外壁塗装になっている為です。

もちろん、すべての業者が悪い業者ではありませんが

、訪問販売が来た場合は、

すぐに契約する事だけは避ける事が大切です。

中には、「今なら○○円値引きします!」と契約を急がせる業者もありますが、

それは非常に危険です。

30年以上も持つ塗料を利用していると言う場合なども注意が必要です。

とにかく、一度、冷静になり、

その業者について確認してから契約する事をお勧めします。

外壁塗装におすすめの時期

外壁塗装におすすめの時期はあるの?

外壁塗装を行うことを決めた後、

次に気になる人が多いのが外壁塗装にお勧めの時期はいつなのか?と言う点です。

どうしても、外での作業となる為、

できれば、良い時期に行いたいと思います。

外壁塗装を行う際の注意は、

気温5度以下、

湿度85%以上は

塗料の乾燥が遅くなるためお勧めできない時期です。

言い換えれば、これにあたらない時期なら、いつでもお勧めだと言えるのです。

その中でも、やはり、梅雨時期は雨が多く乾きが悪い。

また、真夏は、気温が高く早く乾燥してしまい見た目が悪くなる場合がある

などを考える事ができ、

それらを考えた場合、

春や秋ごろがお勧めだと言われています。

とは言っても、いつ雨が降るかなどわかりません。

そのような事を考える、いつが良いかと言う事は判断しにくいと思います。

その為、自分にあった時期を選ぶ事も大切です。

例えば、厚い季節に外壁塗装を行うと窓を開ける事ができず、

家の中で暑い思いをしなければいけません

。また、台風などの時期は、工期が伸びてしまう事もあり、

苦痛に感じる事も少なくありません。

そのような事を考えた上で時期を選んでいくと良いかと思います。

・外壁塗装には、どのような工程があるの?

外壁塗装を行う場合、

塗装を行えば終わりと思っている人もいるかも知れませんが、

外壁塗装には、いくつかの工程が必要になります。

まず初めに足場の設置が始まり、

その後、外壁・屋根の高圧洗浄を開始します。

そして、きれいになった外壁に塗り前の下準備・養生を行い、 ひび割れ剥がれふくれなどの処理などをはじめ下処理を行っていきます。

その後、初めての外壁の下塗りです。 その後、外壁の中塗り

外壁の上塗りを行い、終了となります。

屋根場合も屋根サビ止め塗装を行い、

屋根の下塗り屋根の中塗り屋根の仕上げ塗りと進めていき完了となります。

そうしてすべての工程が完了するまで、

乾燥時間も入れ、一般的な場合、2週間ほどと言われています。

その際、初めに業者の方からご近所さんに挨拶周りをしてもらうようにしてください。

車の出入りでの迷惑はもちろん、

場合によっては臭いが気になると言う場合もある為、

必ず挨拶してもらうことが大切です。

・まとめ

いかがでしょうか。

少しは、外壁塗装について知る事ができたでしょうか。

決して安い費用で行う事ができない外壁塗装。

その為、失敗しない為にも、

自分なりに外壁塗装について勉強した上で、

業者選びから施工内容まで確認していく事をお勧めします。

外壁塗装の一括見積もりはコチラから←

飛び込み外壁塗装業者の営業マンの手口

私が外壁塗装を失敗せずに行えた理由は情報収取と外壁塗装一括見積サイト活用だろうと思います!

訪問業者に注意すべき

中古住宅を購入して、8年程が過ぎた辺りで我が家に外壁塗装業者の営業マンが訪ねて来ました。

そろそろ外壁が傷んで来ており、塗り替え時だというので一緒に外に出てチェックした所、確かに説明通りに家の外壁があちこち剥がれ落ちて来ていたのです。

塗り替え時である事は間違いないと納得しつつ、私はその営業マンに見積もりを依頼しました。

すると出された見積もりに、私は驚く羽目になったのです。

というのも私自身は、せいぜい数十万円程度だと考えていたのですが見積もりには、280万円という高い金額が記載されていました。

私が流石にこれは高過ぎるのでは、と指摘すると営業マンは綺麗で長持ちするオリジナル塗料を使用しているのでこの料金になる、と説明して来たのです。

私はこの金額では絶対に無理だと強く否定すると営業マンは、そこまで仰るなら上司と相談してもう少し安く出来るか努力してみます、という言葉を残し外に出て電話を開始しました。

そうして数分で戻って来た所、何とかギリギリまで努力して今ならこの金額で行けます、という前置きで150万円になっていました。

おかしなもので私は一瞬、その金額を見て安いと感じたのです。

ですが元が高過ぎるためだと直ぐに考え直しました。

何より1度難色を示しただけに、直ぐに半額近くになる様な見積もりは信用出来ないと感じたのです。

なので私はこの金額でも、まだ全然厳しいと断りを入れました。営業マンは折角のチャンスですよ、と恩着せがましい事を言いながら帰って行ったのです。

情報収集する事が重要です

私は帰る間際の営業マンの口振りに、本当に少しですがチャンスを逃したのかもという気持ちもありました。

なので実際に我が家の外壁塗装を行うとなると、どの程度の金額が掛かるのかを調べてみる事にしたのです。

そこで家の外壁塗装に関してインターネットで調べてみた所、一括で見積もりを出してくれるサービスを見付けました。

だからこそ試しに、我が家の情報を入力して見積もりを依頼してみたのです。

すると出された料金は80万円から100万円程で、訪問業者が全然お得な金額でない事が判明しました。

しかも更にネットで調べてみると、最初に法外な金額を吹っ掛けて直ぐに大幅値引きをするのは悪質な訪問業者のやり口だと知る事も出来たのです。

だからこそ訪問業者の口車に乗り、契約しなくて良かったと安堵しました。

そうして私はそこからも慎重に、業者を選ぶ事にしたのです。

安く見積もりを出した3社に直接見積もりして貰った上で、工程表もしっかりチェックしました。

というのも工程表を明確に示さない業者の中には、工期をダラダラと伸ばすいい加減な所もあるという情報を得ていたからです。

その様にして料金が安い上に信頼出来そうな業者を選び出した事で、私は85万円で特に問題なく我が家の外壁塗装工事を完了する事が出来ました。

外壁塗装を行う際は、訪問して来る業者の話を決して鵜呑みにせずに自力で情報収集して、判断する事が大事です

外壁塗装の塗り替え今がチャンス!

外壁塗装シュミレーション今すぐ見積もり10秒

業界の優良加盟店から複数の一括見積しませんか? 利用者数は470万人突破優良業者紹介サイトがあります。

塗装工事をしたいけど・・・外壁塗装の見積もりを見てから決めたい!

そんな方に手軽に利用できるのがヌリカエの一括見積もり

ヌリカエ公式サイトへはコチラから←